メイン写真

ほかのブログを見る

映画『ラストレシピ』を山形で・・・

先週末の3連休は、従妹の結婚式で山形でした。

 

 

山形は母の実家があり小学生の頃は、毎年夏休みになると1カ月ほど過ごしていた懐かしいところです。

山形の宿泊先のホテルの地下に偶然映画館を見つけ、夜な夜な一人で映画鑑賞。

作品はそれも偶然公開初日の『ラストレシピ』、

 

 

二宮くんどんどん演技も良くなっていて、楽しく観られました。

ちなみに、作品の中でご当地(山形)の《文翔館》(現在は郷土館として使われている旧県庁舎及び県会議事堂の重要文化財)もロケ地として重要なシーンに使われています。

 

 

『サバイバルファミリー』を映画館で・・・

『サバイバルファミリー』を観てきました。

《電気》が突然無くなってしまったらどんな事になってしまうの?!

 

IMG_8640

 

全く、何も出来なくなってしまう。日々の生活も経済も完全にストップ!

 

この話はそんな社会状況ではなく、家族の関係性のみに注目。

頑張れ!お父さん。

お母さんはやっぱり強い!?

携帯(スマホ)が無くなった方が家族の絆は深まる?!

困ったときの人の優しさと感謝などなど

 

電気が止まることはリアル社会でも十分あり得る事ですよね。少しづつでも《いざ》という時の準備を進めなければ・・・・です。

 

 

 

『海賊とよばれた男』を・・・

『海賊とよばれた男』観てきました。

小説は読んでいましたので映画化されると知った時から楽しみにしていた作品です。

 

img_7649

 

主演の岡田准一と監督の山崎貴のタッグは『永遠の0』と同じ、

『君の名』に押されいまいちの評判のようですが、原作が素晴らしい事もあるのでしょうが良い作品だと思います。

《理想の社長》でしょうか、社員に仕事へのやりがいや喜びを持たせ続けるマネージメントはとても難しい事、親分肌のリーダー=ボス=店主。

経営者として学ぶべきことの多い作品です。

 

 

『続・深夜食堂』観てきました!

『続・深夜食堂』観てきました。

『深夜食堂』はドラマで観ていたわけではないのですが、前作の『深夜食堂』をDVDで観てから作品の雰囲気にはまってしまいました。

 

img_6503

 

食堂を訪れるお客様とマスターの何とも言えぬほっこりとした関係にひと時の幸せを感じるのは私だけではないと思います。

たまにはこの様な作品に浸るのもいいと思います、お勧めの映画です!

 

 

映画『怒り』を観てきました!

私のブログに良く遊びに来ていただいている方から、

吉田修一著『怒り』の文庫本を貸して頂いたのですが、中々読書の時間が持てず、上巻の半ばまでしか読んでいないのですが劇場に行ってしまいました。

 

img_5333

 

グロイところが多々ある映像ですが話の展開はすごいですね。

さすが、あの『悪人』のコンビ(原作と監督)と言うところでしょうか。

 

『人を信じる事は、自分がすべてを受け入れる覚悟を持つこと』に他ならないのですね。

 

話しは全く違いますが、男同士の絡みはどうも苦手です・・・

 

さあ、本の続きを読まなくては。

 

 

 

 




pagetop