メイン写真

ほかのブログを見る

月別アーカイブ: 2013年10月

屋部の久護家に・・・

沖縄県指定有形文化財(建築物)の屋部の久護家です

 

 

 

 

母屋は明治39年に建築。ヒンブン・井戸の他、アサギ・メーヌヤー・フール・畜小屋・倉を持つ地方豪農の典型的な建物

基本的には公開をしていないので雨戸は閉まったまっまだったのが残念!

 

 

 

屋なの上のシーサーがとても可愛い~っ

日本住宅新聞の記事に・・・

10月25日付け『日本住宅新聞』の記事に匠の会の活動が取り上げられています

《平成25年度 地域型住宅ブランド化事業 採択グループ》の取材を受けた記事です

 

 

 

匠の会では24年度に続き25年度も「地域型住宅ブランド化事業」の採択を受けています

10数年以上前から行っている和歌山県の「山長商店」との産直システムや和歌山県田辺市にある三川小学校との「匠の森プロジェクト」による育林活動もシステムに加えた家づくりの提案で国産材の振興や再生可能資源である木材の地球に負荷がかからない活用などで「長期的に優良な住宅の提供を行っています

私も植林をはじめ何度かの下草刈り作業に参加しましたが、中々の重労働

不断の育林作業に従事している方々の苦労をほんの少しですが分かったような気がしています

50年以上手をかけて育った木材です、大切にしなくては罰が当たりますね

 

今週末は『匠の会家づくり見学会』

今週末は、『匠の会家づくり見学会』を鎌倉市山ノ内に於いて開催します

 

蔵・再生プロジェクト【月山の家】と称し

山形県の西川村に建っていました蔵を解体し神奈川県鎌倉市に住宅という形で移築するプロジェクトです

先週に上棟を終えた古材の構造がどっかーんと見える構造現場見学会です

10:00からの回は予約終了となっております

詳しくは → こちらをクリックして下さい(詳しいHPへジャンプします)

 

(台風が心配ですが・・・)

 

 

蔵・再生プロジェクト【月山の家】

蔵・再生プロジェクト【月山の家】が上棟を迎えました

 

 

 

本日はお施主様をはじめ山形からの大工さん(古民家ライフの高木さん・川井さん)や弊社大工、現場監督とで上棟式が無事終了です

 

 

 

解体から刻み、そして上棟までかなりの時間を費やしてきました、無事この良き日を迎えられ出席者一同一安心

これからは高棟建設の棟梁を中心としたスタッフでの施工です

この 蔵・再生プロジェクト【月山の家】は順次ブログやFBで報告させて頂きます

 

お施主様、本日は誠におめでとうございます

引き続き宜しくお願い申し上げます

蔵・再生プロジェクト【月山の家】

現在、神奈川県鎌倉市で建築中の新築工事現場です

あれれっ!!!???

 

 

 

何だか古めかしい木材を使ってなにを???

この建物、れっきとした新築工事の建物です

但し、

木材は『古材』、山形のとある村に建っていた《蔵》を解体し、その古材を再利用しての所謂【民家再生】での新築住宅工事です

数日をかけて棟の牛梁を掛けます

 

 

この現場は、随時レポートいたします・・・・・乞うご期待!!!

 





pagetop