メイン写真

ほかのブログを見る

月別アーカイブ: 2016年6月

技術の伝承を・・・

【木と漆喰の家】でとても重要なファクターの一つ、壁の《漆喰塗り》ですが、

20年以上その壁を塗る続けて頂いた職人さんから次世代の職人さんにその漆喰塗の《秘伝》を伝授すべく勉強会を行いました。

会場は高棟建設の事務所、

当然、壁の仕上げは親方が9年前に塗った《高棟スペシャル》

▼まずは座学から

 

IMG_2828

 

左官材料である漆喰の特性を熟知した親方が塗り方のパターンや順序を理由を解説しながら丁寧に説明、参加した職人さんだけでなく我々高棟の社員も「そーなんだ!!」と感動。

▼続いては実践

 

IMG_2835

 

練の具合を肌で理解した後はコテの使い方練習です。

親方がそう20年以上塗り続けて完成させた《高棟スペシャル》は簡単に習得は出来ないようですが何らかの《コツ》は感じられたようです。

 

▼下は親方の《コテ》と上の参加者が持ってきた《コテ》

 

IMG_2834

 

さすが、40年使い込んだ《コテ》は体の一部の様に動き漆喰を壁に塗り込むのです。

今後は、何度か実際の現場で指導をして頂きながら《技術の伝承》は続くのです。

 

全てはお施主様に最高の家づくりをご提供する為に!

 

 

安土城築城の映画『火天の城』

社員に勧めれれていたDVD、

『火天の城』をやっと観られました。

 

IMG_2766

 

信長の城、安土城をつくり上げる棟梁の話し。

ピラミットの様にお城づくりも凄いです!マンパワーだけであんなに大きなものをつくり上げてしまいます。

そして何より素晴らしいのは各職方さん、職人さんの腕と協力がなければ家づくりは出来ません。そしてその職人をまとめ上げるのが《棟梁》、建築の知識や大工の技能だけでなく《人間力》が大事なのですね。

現代の《棟梁》目指して日々精進です(家づくりの総合的なマネージメント役としての棟梁ですが・・・)

 

ちなみにタイトルの文字は武田双雲さんですね。

2時間20分近くの大作です、ぜひ一度ご覧ください!!!

 

 

雑誌『チルチンびと88号』発売!

『チルチンびと88号』が発売されています!

 

IMG_2621

 

今回のメインテーマは「人の集まる家にしたかった」

家カフェや図書コーナーにウッドデッキと“人が集まる家づくり”のABCを伝授しています。

それとはちょっと違いますが、高棟建設も構造材を購入しています【山長商店】さんのレポートが8ページにわたって書かれています。

 

IMG_2622

 

山長商店さんとはプレカット工場を立ち上げる時からのお付き合い、大工さんの《刻み(きざみ)》技術の延長であるプレカット技術を持った工場を目指すべく始めたのです。

詳しくは是非お買い求めいただき、本文をお読み下さい!

 

 

《家具造り》も承っております!

高棟建設の二俣川にありますモデルハウス、

【木と漆喰の家】いくみリビングギャラリーに於いて新企画・

『本物の無垢材で貴方だけのオリジナルなリビングテーブルなどの家具に関する提案』を始めました。

モデルハウスに展示していますリビングテーブルやテレビ台に加え、無垢の桧材の天板・タモ材の天板も展示しています。

 

▼展示していますリビングテーブルセットです

 

DSC08254

 

▼展示していますTV台です

 

DSC08298

 

▼展示しています無垢のケヤキ材の天板です

 

IMG_2029

 

▼展示しています無垢のタモ材の天板

 

IMG_2026

 

事前にご連絡頂けましたら家具づくりの職人さんもお呼びしてのお打合せも可能ですのでお気軽にご連絡下さい。

このモデルハウスに常駐の社員は居ませんのでお手数ですが予めご連絡を頂いたうえでのご来場をお願いいたします。

 

モデルハウスの詳しい情報は 《こちらをクリックして下さい!!!》

 

▼下記の家具は今回一緒に家具の提案をしてもらう家具屋さんの作品です

 

IMG_2511

 

 

IMG_2509

 

みなさまのこだわりをカタチにさせて頂きます!お気軽にご相談ください。。。

 

 

 





pagetop