メイン写真

ほかのブログを見る

月別アーカイブ: 2016年7月

『JBN(全国工務店協会)』に加盟しました!

遅ればせながら高棟建設工業も『一般社団法人全国工務店協会(JBN)』の会員になりました。

 

IMG_3502

 

JBNには協同組合匠の会で加盟をしていましたので総会などには何度となく出席させていただいていましたが、高棟建設工業としても加盟することで自社の家づくりに於いてお施主様へのより広い家づくりのアイテムを利用できるようになったのです。

一つとして、

《省令準耐火構造》の建物を木造軸組住宅に於いて費用を抑えて建てることが可能になりました。

《省令準耐火構造》の住宅とは、

建築基準法に定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、住宅支援機構が定める基準に適合する住宅の事なのですが・・・

詳しくは 《こちらをクリック》 して頂くか、高棟建設までお問い合わせ下さい!

早い話、火災を発生した時の燃え広がりを遅くする家になる事と、火災保険の掛金に優遇がある事ですか。

 

 

『大切』なのは・・・

▼さあ、この写真は何の仕事をしているのでしょうか?

 

IMG_3530

 

そうです!タイル張りの玄関ポーチに《コア抜き》をして手すりをつける工事をしているのです。

ではなく、

この写真の中で『気配りを』感じるところ分かりますか?

正解:職人さんが使っている電動工具のプラグをお客様のお宅についている外部電源のコンセントに差し込んで使わせて頂いているのですが、

よ~く見ると

▼さあ、これ何でしょう?

 

IMG_3533

 

これはブレーカー付の延長コードです。

万が一、電動工具に過電流が流れブレーカーを落とすことになってもこれが付いていれば

OK!

お客様宅の分電盤のブレーカーを落とすことなくこの延長コードについているブレーカが先に落ちることでお客様のお宅で使用している電化製品等には何の影響もなくご迷惑がかかることを防ぐのです。

そんな『気配りが』『大切』なのです。

 

 

『基礎』は大事なのです!

新築工事での『基礎』配筋社内検査です。

 

IMG_3508

 

検査のポイントは、

基礎の位置(図面との整合性チェック)。

鉄筋の通り(まっすぐに施工されているか)。

鉄筋と型枠との距離(かぶり圧の確認)。

人通口(完成後人が入る込める開口部)の位置と補強筋のチェック。

スリーブ(基礎を貫通する穴)の位置と必要な個所の補強筋のチェック。

アンカーボルト・ホールダウン金物の位置とコンクリートの埋め込み深さのチェック。

結束線(鉄筋をつなげる針金)がはみ出ていないか。

水平にコンクリートが打てる目安の治具の適切な設置のチェック(写真のオレンジ色の棒)。

などなど、検査項目は相当数になるのです。

 

 

夏の定期巡回(ご挨拶廻り)です!

年に2回、「お盆」と「暮れ」に行っている《定期巡回》を高棟建設では何十年と行っています。

この季節は、夏のご挨拶廻りの最盛期!

 

IMG_3445

 

社員全員で約750件をご訪問させて頂いています。

その内、約320件が私(高橋)の担当。

只今、マイクロファイバーの傘カバーを持って超高速で巡回中です!!!

 

 

母校の校歌を何十年ぶりに聞き感激!!!

夏の高校野球神奈川大会が始まっています。

今日(7/17)は朝から保土ヶ谷球場で高校野球観戦。

今日の保土ヶ谷球場は第一試合はだんとつに優勝候補の横浜高校と第三試合にはY校(横浜商業高校)、さらにメインベント(?)の第二試合、私の母校でもあります松陽高校の試合が組まれています。

松陽はインコースをコントロール良く投げ切れたピッチャー坂本君の好投もあり横浜立野に快勝、母校の校歌を何十年ぶりかに聞けました(けっこう歌えるものですね)。

 

IMG_3362

 

松陽のナインの中でキャッチャー渡辺君の存在が目立ちました、とても良い選手と思います。

次回の対戦相手はなんと横浜高校。相手に不足はありません、チームの持てる力を全て発揮して戦って下さい。

 

IMG_3364

 

 





pagetop