メイン写真

ほかのブログを見る

小説『怒り』やっとこせ完読!

吉田修一著の小説『怒り』やっと読破できました。

映画を観る前に本は読んでしまうはずだったのですが・・・

 

img_6769

 

同じ作品でも《小説》と《映画》はそれぞれ違った表現であって良いと思っています。

そこで比べるわけではないですが、『怒り』と言う作品は小説の方が良かったですね(これって比べてますか・・・)。

 

 

小説『怒り』やっとこせ完読!” への2件のコメント

  1. 物語が3ケ所で始り読み始めは登場人物を覚えるのが大変で

    したが、誰が犯人か 人を信じることの難しさ、怒りを何処

    に向けるか?難しさが分かりました。

    結末は私の予想とは違いました。

    • まさおさま コメントありがとうございます。最近の小説は複数の話が同時展開し最後につながる構成が多いですよね。
      でも、とても楽しく読ませてもらいました。この本近いうちにお返しに行きます、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




pagetop