メイン写真

ほかのブログを見る

主婦目線・女性目線③

今日は、壁紙の話。

部屋の雰囲気を替えるには、壁紙の貼替が簡単です。

以前に比べて、今はかなりたくさんの壁紙があります。

北欧風もあれば、イギリスのアンティーク調があったり、コンクリート打ちは放し柄だったり、レンガタイルだったり。

かなりインパクトがあるものも多数。

全面に貼ると落ち着かないので、一面だけ貼ったり、上下に貼り分けたり多種多様な施工方法があります。

こちらは上下で貼り分け。木製見切りを取付けています。

P1010009

 

こちらは、部分貼り。

ブルーの柄はイギリスから取り寄せたローラアシュレイのクロス。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今は輸入クロスが日本で多数取り扱っているので、輸入の手間が省けます

WALPA→http://walpa.jp/user_data/walpastore.php

コストがかなり高いのと、1本単位での購入ですので、割高ですが、色は間違いなく多彩です。

春に向けて、クロス貼替はいかがでしょうか?

ご相談にのります。

TOKITO

 

主婦目線・女性目線③” への3件のコメント

  1. とても上品な仕上がりだと思います、女性寄りの柄ですが爽やかなブルーが落ち着いていて男性にも抵抗ないですね。
    施主さんのセンスもあると思いますが、女性担当の方だと心なし優しい感じの仕上がりでいいですね。

    ご紹介されていたWALPAは銀座店を覗いたことがあります、かなりの輸入クロスを揃えていて目移りしましたがとても参考になりました。

    またお店の紹介などして頂けると参考になります。

  2. KEEPさん。
    コメントありがとうございます。
    実はエレガントなテイストが苦手で、出来るだけお客様の意向に沿ってと、日々仕事しております。
    WALPA、行かれたんですね。
    友達がスツール製作のワークショップに行って素敵なスツールを作ってきました。(実はIKEAのイスらしいですよ)
    いつも満席で、待ち状態です。
    又、参考になるような発信をしていけたらと思います。
    よろしくお願いいたします。

  3. ワークショップの情報は知りませんでした。機会があれば夫婦で行ってみたいと思います。
    輸入クロスは高価な他にも、大胆な柄が多かったりして貼るのは勇気がいりそうなので、プロの方と相談しながら選べると心強いです。
    他で紹介されていた本棚柄のクロスのお部屋も秀逸でした。
    女性ならではの視点での発信大変良いと思います頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




pagetop