メイン写真

ほかのブログを見る

国立新美術館へ

先週、安藤忠雄展へ行って来ました。

 


軽く3時間はかかってしまうほど、初期の小規模な住宅から今動いている海外のプロジェクトまで図面・模型・スケッチ・映像など膨大な数が展示されていました。
屋外展示場には原寸大の光の教会が再現されていて、安藤建築特有の光と影・コンクリートの肌合いを直に体感できるような構成になっています。(草間彌生の展示の時は、かぼちゃがありました)

 

 

写真はすべてNGですが、ベネチアの歴史的建造物改修工事の模型は必見です。
久しぶりに見応えのある展示会でした。
是非、お勧めです。

TOKITO

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




pagetop