メイン写真

ほかのブログを見る

家具屋さん製作の額

画像

昨年末、カレンダーのお届けを兼ねて、OBのお客様にご挨拶廻り行った時の事。

額の注文を頂いたお客様が、絵を入れたからと玄関先まで持ってきて頂きました。

 

 

娘さんが描いた画で、額のデザインと色合いがぴったりで、とても気に入って頂いていました。

高棟建設は、こんなお仕事もしていますので、お気軽にお声かけ下さい。

 

TOKITO

マンションリノベーション ラスト

画像

家具の設置、内装工事も終了。
完工です。

配管ルートに家具を設置

家具の下部には、給水・給湯・ガス・排水管が設置されています。

 

今回、タイル目地は、日本の伝統色 くりうめいろという色の目地を使っています。

ちょっとチャレンジだったので、お客様とショールームで確認して施工しました。

なかなか、きれいな色で安心、お客様にも喜んでいただきました。

お正月に、広くなったリビングでお孫さんたちとお祝いするそうです。

ありがとうございました。

 

TOKITO

 

 

 

 

外構工事その後

画像

今年の初めに外構工事をさせて頂いたお客様のところに打合せに行って来ました。

道路わきに植えたシマトネリコが一回り大きくなり、

ヤマボウシには赤い実がなって下草も華やかになりました。

植栽をすっかり無くしてしまったので、鳥が来なくなってしまったかと思いましたが、ちゃんと実をついばんでいるようで安心しました。

そして、ご近所の方、通りすがりの方からとっても素敵!との言葉を何度も頂いていて、写真を撮っていかれる方もいるそうで・・・

本当に工事をしてよかったと言って頂きました。

この一言で、仕事頑張れますね。

 

TOKITO

マンションリノベーション その2

画像

キッチンカウンター搬入の話が先になってしまいましたが、

今回の工事は、キッチン・DK・和室それぞれの壁を撤去してワンルームにする工事です。

 

 

エアコンが付いている部分の和室の壁を撤去

 

 

DKとワンルームに

 

 

正面の壁と扉を撤去

 

 

 

袖壁を作ってアイランド型キッチンを設置しました。

 

RCの梁と床下・天井に空間がないので(躯体直に仕上)配管配線に苦労した工事でした。

 

続く。

 

TOKITO

マンションリノベーション

キッチン交換工事。

同じ大きさの交換工事ならいいのですが、今回は、奥行きが1mと大きなカウンター。

いつも何かと無理難題を聞いていただける職人さんを逆指名して、万全の態勢を整えてスタート。

外階段で男性4人で声を掛け合いながら、上空を利用してゆっくり運んでいきます。

部屋の内部では、曲がり切れないので外廊下に面した部屋の掃き出し窓から搬入。

3mぐらいまでは軽くいけるよと冗談を言っていましたが、汗だくになりながら、無事搬入。

無事設置を終え、一安心です。

TOKITO

レンジフードの交換

アイランドキッチンのレンジフードの交換を行いました。
ダクトの大きさが変わってしまったので、下地が見える所に内装工事で使った桧の床材を大工さんに加工して付けてもらいました。
付けてみると、違和感はなく、かえってグレードアップしたような気がします。

合わせて、ドイツ製のドムスの照明器具もご提案したら、お客様自らショールームに行って購入して、気に入って頂けました。

海外の照明器具は、デザイン・色が本当に洗練されています。

TOKITO

壁面収納

分譲住宅の造作家具の工事です。

2017-01-10 11.56.34

リビングに収納がないので困っているという依頼があり、TV台を兼ねた壁面収納をご提案しました。

DSC03995

掃除機を入れたり、書類を入れたり、内部は可動だなでフレキシブルに。

DSC03998

TVの下は、娘さんの絵本を飾りたいと言うことで、取手を兼ねた絵本台を作りました。

予算に限りがありましたので、シナ合板で製作。

パインの無垢材をポイントで使っています。

エアコンが干渉して、天井までの収納が作れなかったため、天井付近が間延びしてしまうので、棚板を1枚アクセントに取付けてます。

これから、娘さんの成長とともに学校で作ってくる作品を飾ってもいいし、お部屋を彩る場所になるのではないでしょうか?

TOKITO

押入れリノベーション

押入れを二人のお子様のベットにリノベーションしました。
賃貸なので、現状復旧を考えつつの工事。

dsc03290
床は通気を考え、スノコにして取外せるように。
既存のレールの溝は、薄い材料でビス止め。

dsc03604
少し工事をお待たせしてしまって、お子様たちは、絵を描いてずって待っていたってお母さま談。
凄く喜んでもらって、こちらもとてもうれしいです。
そして、何よりお母様のインテリア・ファブリックが素敵で、
ZARA HOMEのファブリックを二等分して子どもサイズに加工、IKEAの小物を使ってアレンジ。
何倍も素敵になりました。

img_0411

fullsizerender
こんな工事もたまには、いいですね。
ありがとうございました。

tokito

 

 

屋根塗り替え工事でのこだわり《タスペーサー》

外壁塗装の塗り替えはモルタルに吹付塗装をしたお宅で10年を目安に塗り替え工事が必要となります。

皆さまのお宅にもさまざまなチラシがポストに入っていると思いますが、

 

高棟建設での外壁塗り替え工事の時にこだわりがあります。

 

特に《屋根のスレート葺き》と呼ばれる一番普及している屋根材の塗装時ですが、

 

img_3568

 

まずは屋根の《洗浄作業》の後、スレート専用塗料で《塗装作業》で普通は完了。

ですが、

高棟建設では《塗装作業》の後にもう一工程、

《タスペーサー》と呼ばれる板をスレートの重なり部分に挟み込みます!

 

img_3566

 

理由は《雨漏り防止の為》なのです。

新築時はスレートとスレートの間には隙間があり雨水がサイフォン現象で屋根を遡(さかのぼ)ることは無いのですが、写真の様に塗装をすることでその隙間が埋まってしまうのを

《タスペーサー》を挟むことで隙間をつくり雨漏りを防止するのです。

 

費用的には数万円の追加ですので《取り付ける価値》は高いです!!!

 

 

 




pagetop