メイン写真

ほかのブログを見る

月別アーカイブ: 2016年10月

屋根塗り替え工事でのこだわり《タスペーサー》

外壁塗装の塗り替えはモルタルに吹付塗装をしたお宅で10年を目安に塗り替え工事が必要となります。

皆さまのお宅にもさまざまなチラシがポストに入っていると思いますが、

 

高棟建設での外壁塗り替え工事の時にこだわりがあります。

 

特に《屋根のスレート葺き》と呼ばれる一番普及している屋根材の塗装時ですが、

 

img_3568

 

まずは屋根の《洗浄作業》の後、スレート専用塗料で《塗装作業》で普通は完了。

ですが、

高棟建設では《塗装作業》の後にもう一工程、

《タスペーサー》と呼ばれる板をスレートの重なり部分に挟み込みます!

 

img_3566

 

理由は《雨漏り防止の為》なのです。

新築時はスレートとスレートの間には隙間があり雨水がサイフォン現象で屋根を遡(さかのぼ)ることは無いのですが、写真の様に塗装をすることでその隙間が埋まってしまうのを

《タスペーサー》を挟むことで隙間をつくり雨漏りを防止するのです。

 

費用的には数万円の追加ですので《取り付ける価値》は高いです!!!

 

 

 





pagetop