鎌倉の環境と共生する家。

木と漆喰の家 works15

特徴
rev fwd
写真1

外観は古都鎌倉の景観にマッチした色使いと素材にこだわり、1階部分にはこげ茶色の焼き杉の板を張ってみました。
外構のフェンスもアルミではなく大工さん手づくりの杉板で仕上げました。

写真2

リビングに吹き抜けと薪ストーブ、高棟建設の定番(?)。柱や梁を古色に仕上げた鎌倉の家を演出してみました。

写真3

左:キッチンは既製品を使用、使い勝手や手入れの良さには評判があります。
右:リビングに続く和室にはしっかりと床の間を設けました。押入れの襖紙は江戸からかみ東京松屋(http://www.tokyomatsuya.co.jp)さんの襖紙を使用。
本物が似合う本物の空間が【木と漆喰の家】です。

写真3

左:子供部屋の一人あたりの割り当ては3帖ですが、こんな工夫は如何?ベットの下に勉強机と箪笥が。
ちょっと分かり辛いですが、勉強机は高棟建設と家具をコラボしてい頂いている無垢の会(http://www.threed.co.jp/mukunokai/)さんで造って頂いたオリジナル家具です。
右:玄関の収納は量よりも空間のデザインを優先、奥様のセンスが光る置物でお客様をお出向かえします。



nextpage

pagetop