メイン写真

ほかのブログを見る

『基礎』は大事なのです!

新築工事での『基礎』配筋社内検査です。

 

IMG_3508

 

検査のポイントは、

基礎の位置(図面との整合性チェック)。

鉄筋の通り(まっすぐに施工されているか)。

鉄筋と型枠との距離(かぶり圧の確認)。

人通口(完成後人が入る込める開口部)の位置と補強筋のチェック。

スリーブ(基礎を貫通する穴)の位置と必要な個所の補強筋のチェック。

アンカーボルト・ホールダウン金物の位置とコンクリートの埋め込み深さのチェック。

結束線(鉄筋をつなげる針金)がはみ出ていないか。

水平にコンクリートが打てる目安の治具の適切な設置のチェック(写真のオレンジ色の棒)。

などなど、検査項目は相当数になるのです。

 

 

 




pagetop