メイン写真

ほかのブログを見る

月別アーカイブ: 2017年4月

高校野球神奈川県春季大会準決勝2試合を・・・

GW始まりました。

初日はお仕事でしたが、2日目はお休みをもらい高校野球の観戦に保土ヶ谷球場に足を運びました。

いちばん面白い2試合と言われる準決勝です。

一試合目は横浜対星槎国際。

 

IMG_0085

 

球場についたら3回の表、内野の席は満席で解放された芝生の外野席でのんびり観戦です。

 

IMG_0086

 

結果は10対0で横浜の勝利。

二試合目は東海大相模対桐光学園。

 

IMG_0095

 

幻のトリプルプレーが有ったり中盤までは微妙な展開、

結果は7対3で東海大相模の勝利、

 

IMG_0099

 

横浜と東海大相模との決勝が同じく保土ヶ谷球場で5月3日に開かれます。

ちなみに、この2校は関東大会の出場は決定です。

 

暑いくらいの野球観戦日和で腕が火照っています。

 

 

「アースデイ東京2017」に出展しました!

先週末の4月22日(土)・23日(日)、高棟建設工業が参加しています

《NPO日本の森バイオマスネットワーク》《アースデイ東京2017》に出展していました。

「地球のことを考えて行動する日」であるアースデイで我々のブースのコンセプトは、

 

IMG_9873

 

「森と暮らす。木を活かし、森を生かす。」でこの様なブースの様子です。

 

IMG_9841

竹でできたテントで杉や桧の苗を置いたり無垢と合板の板を並べその違いを五感で感じとってもらったり、スギの板の桟敷に杉の無垢材の積み木で遊んでもらったりと《明治神宮の芝地》で行われていたこちら《アースデイいのちの森2017》での風景です。

青空の下、完璧のんびりバージョン!!!

ちなみにこちらのイベントの実行委員長は今年もこの方、

 

IMG_9831

 

元NHKアナウンサーの野中ともよさんです。

 

一方、本体の代々木公園で行われている方はこの様な様子、

 

IMG_9887

 

IMG_9890

 

青森ヒバのカンナ削りかす(?)を可愛い袋に詰め放題で持って帰って頂いたり、木でできたお皿や積み木の販売を行いました。(我々の活動のパンフレット500組は配布終了)

このイベントは2日間で12万人来場との事(主催者発表)で、一日中人がひっきりなしにブースに来て頂けている状況でした。

少しでも私たちの取り組みを知って頂けたかなと思えたイベントでした。

 

我々のブースに来ていただいた方々、誠にありがとうございました。

またスタッフの皆様、ご苦労様でした。

 

 

『相続対策セミナー』へのご参加ありがとうございました。

先週末(4/15)はお忙しい中、高棟建設で企画しました『相続対策セミナー』へのご参加ありがとうございました。

今回で3回目となり私も毎回聞いているのですが何度聞いても飽きない話でとても役に立っています。

 

IMG_9733

 

このセミナーは基礎編での話なのでさらに突っ込んだ話をお聞きになりたい方には《個別相談》で対応させて頂いております(質問の内容が個人情報満載でもありますので)。

次回は、7月8日(土)を予定しています。

時期が来ましたら改めて告知させて頂きます。

今回ご出席いただいた方々、ありがとうございました。今後も皆さまのニーズに合ったセミナーを企画してまいります。

 

 

ちょうど5年で10万キロです!

私の愛車《アクア》が本日で走行距離がめでたく《10万キロ》となりました。

 

IMG_9657

 

IMG_9662

 

今月でちょうど5年を迎えたので、年平均2万キロの走行。

燃費はだいたい《20キロ/リットル》のハイブリットカーです。

日本の車は良くできています、この10万キロでトラブルはほぼ無し。

アクア君快適な運転をさせて頂き、ありがとう!!!

 

山岳小説にはまってます

ここ数年、山岳小説にはまってます。

その中でも最近は笹本稜平作品です。

映画かされた「春を背負って」から始まり「未踏峰」「南極風」そしてこの「その峰の彼方」。

 

IMG_9605

 

エベレストをテーマにした作品は多くありますがこの話の舞台はアラスカの《マッキンリー》

標高は6194メートルと8000メートルにはぜんぜん及ばないのですが、あの冒険家《植村直己》の命を奪った場所です。

この作品での登攀シーンのリアルさはさすが笹本稜平ですが、同時進行をする観光リゾート開発という一般社会の話がミックスされている事。

夫婦愛・友情・民族問題、そして山男の心情と次々と展開される話は飽きることなく進んでいくとても素晴らしい作品です。

まだ私の読んでいない笹本作品の山岳小説は複数あります、次の一冊も楽しみです!!!

 

 

 





pagetop