メイン写真

ほかのブログを見る

下地も自然素材。そして安全作業。

こんにちは。

高棟建設の新築工事は「自然素材」を売りにしているのです。その適用範囲は最終的に見える仕上げだけではなく、下地から徹底してます。建築建材からの有害物質を限りなくゼロに近づけたいのです。

PC020137 (1500x1125) PB111947 (1500x1125)

「木と漆喰の家」レギュラーメンバーの木酢材。杉ですね。木酢に浸けることで防腐防虫効果を期待します。

*工事部がブログで顧客確保をアシストできるのか? 「久しぶりに施工中の話@栗駒木材」 →関連ブログ

P1110467 (1500x1125)

室内側の壁下地。壁面に何か取り付けたい要望にも自然素材で対応します。

PB280090 (1500x1125) PC020132 (1500x1125)

写真左)根太。桧。(本数は通常この半分です。) 写真右)捨て床。杉。この上に仕上げの床材を敷きます。(床暖房も絡むので2重貼りにしてます。)

PB101937 (1500x1125) PA211709 (1500x1125)

写真右)2階床には無垢ボードを上棟時から敷きます。高所作業時の安全作業、作業効率の向上を図りたいのです。 写真左)そこへ仕上げ床材を敷きます。よく見るとうっすら養生シートが敷かれてます。大工作業時は仕上げ床が貼られるまで養生をしてます。

通年建築・製造業の事故は中々減少しないようです。気を付けましょう。

 

新築ブログがあるのに…-そろそろ現場名決めないと-

こんにちは。

着々と日々現場は進んでます。停滞しているのはブログだけだったりします。。

さて基礎工事の様子です。

1468033422749

1468033416946 1468033426663

1468227652258 1468227650288

根切りから捨コンまでの羅列。お気づきだと思いますが…広いです。

P7120816 P7120817

捨てコン(捨てコンクリート)とは。基礎をつくる位置に印(墨出し)を付けて型枠を正確に設置するために行うのです。

壮観な現場です。上棟が楽しみですね。

 

新築ブログがあるのに…

こんにちは。

ブログ掲載も中々に制約があったり難しい情報発信ですよね。。言い訳も程々に。

さて鎌倉で新築工事が進んでいます。

P1300057 (2000x1500) P1300058 (2000x1500)

地鎮祭。この日は若干の曇天雨天でしたね。雨降って地固まるのです。鎮め物も預かりました。(写真右

P7040783 (2000x1500) (1500x1125)

鎌倉市の埋蔵文化財の調査立会いのもと根切り。掘削します。

P7060802 (2000x1500) (1500x1125)

鎮め物を建築地の中央に納めます。

*いまどきの工務店の社長さんのブログ 「『埋蔵文化財発掘調査』いよいよ終盤に」 →関連ブログ

 

引渡しの話

こんにちは。

長い期間お世話になっていた現場がようやくお引渡しと相成りました。

普段とはがらりと違う仕様で…良いですね。保養になるのです。

P5260696 (2000x1500) P5260695 (2000x1500)

床)無垢のナラ材を使用。床暖房対応。 サッシ)造作木製サッシ。ペアガラス仕様。 建具)既存開き戸から引戸へ変更。引込みできる様に戸袋を造作、すっきりさせつつお気に入りの絵画等で装飾も可。

P5260685 (2000x1500) P5260689 (2000x1500)

P5260686 (2000x1500) P5260699 (2000x1500)

趣味室を兼ねる変則キッチンスペース。居心地良さそうです。

P5260704 (2000x1500)

設備も一新。配色が良いです。

*工事部がブログで顧客確保をアシストできるのか? 「自由度の高さが工務店の良さ?」 ←前回紹介分

*リフォームブログ 「ブラックボックス」 ←別アングル

 

地場工務店であること

こんにちは。

…2ヶ月空いてしまいました。。…精進します。

さて今回研修として訪問・紹介するのは小田原にある「竹広林業」さんをはじめ、小田原産材を、及び神奈川県産材を地産地消で森、山を活性化させようと活動している地場の木材流通コミュニティの皆さんの活動見学です。

*竹広林業 株式会社

P5200670 (2000x1500) P5200673 (2000x1500)

製材所・乾燥設備の様子。木材乾燥の手法は高温・中温・低温・燻煙…等々様々。こちらで採用しているのは「バイオ乾燥」。研究・製作者の伊藤氏に仕組みの話を頂きましたが…従来、人が高い温度を当てて水分を木材から出させるという乾燥方法ではなく、「木」自体が持つ水分排出の構造を理解し、「木」自ら乾燥させる手伝いをする仕組み。。ということで宜しいでしょうか。。無理な負荷を与えない分、仕上がりの割れ・歪みの低減。含水率の安定低減が期待できます。

P5200674 (2000x1500) (1900x1425)

小田原の山散策です。

1日で5、6カ所ほど訪問しました。通して感じたのはそれぞれの場所で担当している、作業している方々の「喋り」の上手さ。「手に職」なんて言いますが、自分たちの活動が「手」「技術」だけでなく知識・見解として、未来にどう在りたいのかを完全に自分の物にしている事。だからこそ言語化した表現の耳障りが良いのです。

トレサビリティ。どこのどんな材料を使用しているのか、どんな人たちが自分の家づくりに関わってくるのかの考察。高棟建設の業務エリアは神奈川県です。神奈川県での家づくりを考えている施主様をこの小田原のコミュニティへ、小田原の山へ案内・見学できれば、ここの皆さんはきっと施主様に良い印象を与えてくれるのでしょう。

P5200678 (2000x1500)

地元の山で育った桧が地元の報徳二宮神社の大鳥居へ。迫力。

竹広林業さん並びにコミュニティの皆さんありがとうございました。

 

自由度の高さが工務店の良さ?

こんにちは。

以前紹介したリフォーム現場の様子。

P4010496 (2000x1500) P4010497 (2000x1500)

造作家具が納まってきました。幾度となくあれこれ打合せした結果がどうなるのか楽しみですよね。趣味室を兼ねる空間は特に皆様楽しそうです。書斎のように使いながら疲れたら小上がりの畳で休憩です。細かい要望がそこはかとなく。自由度は高く、無理なものは無理、できるものは楽しいです。

*工事部がブログで顧客確保をアシストできるのか? 「施工中の話@大工」 ←前回紹介分。

 

予選突破

こんにちは。

2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選突破しましたね。3月の2連戦で10得点…

とりあえずゴールシーンを拝めたので生意気は止すのです。がんばれ日本。

P3240474 (2000x1500)

埼玉スタジアムはサッカー専用だけあって選手まで近くて良いです。

 

暖かくなると…いいことばかりではありません。

こんにちは。

暖かくなると柄にもなくどこかへ出掛けたくなります。去年新たな足も手に入れたことですし羽を伸ばす計画でも立てたいものです。…こちらの方も一緒みたいです。

PB270648 (2000x1500) PB270643 (2000x1500)

シロアリです。。高棟建設の新築では無農薬自然素材の木酢(もくさく)液・ヒバ油・ヒバ水を使用します。人(特に妊婦さんや乳児)やペットに 害の考えられる農薬は一切使わず、大切な建物をシロアリから守ります。(保証は農薬と同じ5年間となります) *コピペ

写真はリフォーム時のもの。床下への点検口から全域へ土壌散布。外部も散布し5年保証です。

*木と漆喰の家とは こだわりの自然素材と国産材でつくる 

*ハウスキーパー HP

PB270646 (2000x1500)

4月から特にGW前後に宅内で羽蟻を見かけたら黄色信号です。要注意なのです。

 

春祭り準備です

こんにちは。

毎年桜が見頃を迎える土曜日を狙って「春祭り」をしているのです。

DSCN6784 (1600x1200) DSCN6798 (1600x1200)

↑これまでの様子。

今年は 4月2日(土) 10:00~15:00 で行います。桜…散らずにいてください。

P3090404 (2000x1500) P3100405 (2000x1500)

準備中。ようやく念願の「KIRINSAN」が手元に。(写真右

*KIRINSAN ←ペレットを燃料にした屋外用グリルヒーターです。

来週晴れたら試運転を兼ねてランチBBQでもしますか。

ところで…

P3090402 (2000x1500)

「チルチンびと 87号」が届きましたね。今回もまたそそる内容です。新築でもリフォームでも事務所でお打ち合わせをする際、ご希望の方には差し上げたりします。バックナンバーもありますし何かと参考になるのです。

*工事部がブログで顧客確保をアシストできるのか? 「引き合いのお話」 ←事務所の様子。

 

雑貨の定義?

こんにちは。

雑貨の定義はよくわかりません。…が惹かれてしまうのです。

P2270365 (2000x1500)

遊びに行ってきました。雑貨の定義はあいかわらず良くわかりませんが身の回りの物は気に入ったものを買い揃えてしまいますよね。

P2270353 (2000x1500) P2270351 (2000x1500)

文房具にしても身に着けるものにしても装飾品にしても日用品にしてもどこで(どこの物を)購入したかを意識したいです。メーカーやブランド・作り手のことを知り、どこで作られたかを知る。そうするとより愛着がわきます。なんて。

*木と漆喰の家とは? ←家づくりも然りです。トレサビリティを作り手、受け手共に意識したいですね。

 

 




pagetop